2015年06月20日

パレートの法則とは、英語、英会話のマスター方法

「パレートの法則」とは、イタリアの経済学者パレートが打ちたてた学説で

全体のうち重要な上位20%はその全体像の20%をカバーする

というもので、ようはいかに重要なことに的を絞るのが大切か、
ということですね。





これを英会話のマスターに当てはめれば

たった20ポイントをマスターすれば、英会話の全体像の80%をカバーできる

ということになります。

英会話をマスターした人は皆、このことを体験的に知っています。

そして英会話における重要な20%とは、外国語学校バイリンガルが
位置づけたところによると

英会話学習における重要な上位20%は「中学英語の20ポイント」である

としています。

「中学英語の20ポイント」とは英会話のバックボーンともいうべき
重要なものです。

そしてそれをマスターして土台さえ作り上げてしまえば「英会話力」
は飛躍的に向上していきます。

なぜなら、全てはその応用でやっていけるからです。




posted by アク at 18:07| Comment(0) | いろんな知識